DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フレメのベルプル
20061228135024.jpg

Prairieのクリスマスものがとりあえず片付き(仕立ててないけど)、刺しかけだったアルファベットシリーズの " A " も完成させたので、この年の瀬の慌ただしい時だというのに、新しいものに着手することにしました。
フレメのミニベルプルであります。
以前、クロスステッチの情報を求めてネットをウロウロしていて、見つけたのがCASA STITCHAさんというサイト。
フレメについてはこちらで詳しく解説されているので、この場では省かせていただきますが、その作品を拝見し、繊細な美しさに一目惚れしてしまい、いつかは挑戦してみたいなぁ…と思っていたのです。

マリリアさんという、デンマーク製品を扱うお店でキットが購入できると知り、思い切って注文することに。
注文するに当たって、フレメの本社のサイト ” Haandarbejdets Fremme " で好みの図案をチェックしたのですが、何せ商品の数が多いので探すのが大変でした(^_^;) でもとってもスムーズにお買い物ができたので一安心。

今回私が買ったのは、写真の中の、左から2番目のキットです。
とにかくフレメ初挑戦なので、花糸やリネンの素朴というか繊細な質感に興味津々だったのですが、一番驚いた(?)のが、チャートが手描きということですかね~。今までPCで作ったと思われるチャートしか見たことがなかったので、何ともいいようのない不安がこみ上げてきて、せっかく買ったのに「いつか気が向く時まで後回しにしてしまおうか…」と思ってしまったのです。

しかし、恐る恐る刺し始めてみると、これがなかなかいいんですよ~。
何というか、刺しているとすっごく癒されるんです。
花糸の優しい色合いもいいし、リネンの透け具合も繊細で、刺し上がった部分が何とも愛おしく思えるんですね。糸が1本取りなので、あまり糸のねじれに気を取られなくて済むというのもいいです。
何かと忙しいこの時期ですが、焦らず、丁寧に進めていこうと思います。

(C) Haandarbejdets Fremme 1976
designed by Gerda Bengtsson
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。