DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
The Prairie Schooler "The 12 Days of Christmas" その3
IMGP0018.jpg

ギリギリ、クリスマス前に完成しました!
途中、またまたたつやと共に風邪を引き、さらに副鼻腔炎を起こしてほとんどステッチできない日が続いていたのですが、どうにかできました。

12個ある図柄のうち、どれを最後にやるかをずっと考えていたんですが、いずれにしても最大のヤマ場は7の白鳥であることは間違いない!と思っておりました。
なぜなら私の場合、白一色のベタ刺しは、どんなに気をつけても他の色より綺麗にできないし(布地の色が見えてスカスカしてるような気がするんですよね)、それに3のニワトリのところで、羽の焦げ茶が入ってくるあたりがうねってしまって、ちょっとナーバスになっていたのです。

結局、白は汚れやすいこともあるし、最後に白鳥を刺しました。
その後は、下部の文字とお花を一気に刺しておしまい。
額に入れるにしても、中綿を入れて仕立てるにしても、手元に材料がないので、もうしばらくこの状態で置いておくことになりそうです。
クリスマスに飾るという目標は達成できなかったけど、クリスマスに至るまでの日々を、この作品をステッチしながら楽しめたので良しとしましょう。
"The 12 Days of Christmas" (C)1998 The Prairie Schooler, Inc.
designed by Pamela Byrd Brunke.
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。