DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マニアな幼稚園バッグ
wrcar02.jpg

やっと幼稚園バッグができました~。
右の小さい方が上履き入れ、大きい方が絵本やお絵かきの作品などを持ち帰るバッグです。
絵本バッグは園の方で、サイズと肩にかけられるようにすることが指定されていたので、本などを見ずに、適当に線を引いて作りました。

しかし…これがまずかった。
ふた部分の長さに、マチの長さを加えるのを忘れていたのですね~。
だからちょっとふたが短いです。これじゃちょっと使いにくいかなぁ(汗)
ちなみにふたの裏側にはマジックテープを付けました。スナップやボタンより開閉が楽そうなので。

上履き入れの方は、クロバーの「手作りナビ」を参考にして作りました。
ここでもイタタなミスがありまして、指定通りの作り方ではキルティング地が足りなかったので(慌てていたので何故か50cmカットを買ってしまった)、下の方に手持ちのリネンをつぎはぎしたんです。
これだと強度にも不安があるし、裏側もきれいじゃないので、何となく内袋を付けてみました。…が、入れ口の折り返しの処理とか、かなり凄いことになってます。とても人様には見せられません!!

ま、とにもかくにも、この2つのバッグのキモは「ラリーカーの刺繍」です!
こんなマニアックな図柄、誰が分かってくれるんでしょうか。

それに、たつやのWRCブームもいつまで続くのか…。
幼稚園に入れば、当然お友達の影響を受けて好みも変わってくるだろうし。
「今度は○○戦隊××マンの刺繍やって!」と言われたら、きっぱり断る所存です。(あまり興味ない…)
ケロロぐらいだったら考えてもいいかな(^_^;)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
手作りのものって、キットだったり、型紙があったとしても、世界に一つだけしかないもので、
それをもてる子供さんって、本当に幸せだな、と思います。
おまけに、大好きなラリーカーが、
お母さん自作のデザインだなんて!!
ステッチ用の車って単色のものが多いですが、
ラリカーだとボディのカラーやデザインも、
綺麗な配色や凝ったものが多いので、
小物のアクセントにぴったりですね。
通園しだしたら、季節やイベントごとに、
グッズが必要になるみたいなので、
大変でしょうが、また素敵なデザインを拝見させてくださいね。
2008/02/29(金) 23:30:24 | URL | 翠羽 #-[ 編集]
翠羽さん、こんにちは!
幼稚園の時、母がメルヘンチックな刺繍の通園バッグを作ってくれた記憶があり、30年経った今でもその図案をよく覚えてるほど、気に入ってました。
(クロスステッチではなく、自由刺繍でしたが)

そんなわけで、我が子にも思い出に残るものを…と気合いを入れて作ったのがこのバッグなのです。その割にステッチ以外の部分がいい加減ですけどね…(^_^;)

でも、こういう物を作るのは苦にならないので、こんな時はハンドメイドが好きで良かった…と思います。
2008/03/02(日) 01:13:27 | URL | あゆみ #SWLx4y6U[ 編集]
久しぶりにコメントさせてください。

男の子のモチーフ、難しいですよね。
でもこちらのラリーカー、とっても素敵!
キルティングのお色もすごくいいですね!

我が家もキャラクター路線とは違う趣味の息子でしたが、年長のとき「水戸黄門の印籠、刺繍して!」と言われた時は、さすがの母も絶句でした・・・。

素敵な幼稚園生活が始まりますように!
2008/03/03(月) 07:53:42 | URL | なのたん #-[ 編集]
なのたんさん、こんにちは!

水戸黄門の印籠…しぶいですね~!
(「水戸黄門」を知っているだけでもすごいi-230
お友達の前で、「この紋所が目に入らぬかぁ~っ!!」ってやってみたかったのかなぁ。
可愛い…(*^_^*)
きっと、「うちのお母さんは、どんな図案も刺繍できちゃうんだ」って知っていたからこそのお願いなんでしょうね。
2008/03/04(火) 00:46:08 | URL | あゆみ #SWLx4y6U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。