DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
さようならベジャール
 11月23日、振付家のモーリス・ベジャール氏が亡くなりました。80才とのことです。
 このことは新聞(地方紙ですが、比較的大きく写真入りで載っていました)で知ったのですが、驚くと同時に「ついにその時が来てしまったか…」という思いもありました。

 私は特別ベジャールのファンではなかったのですが、数年前に見たいくつかの舞台は、他のクラシックバレエ作品よりも強い印象を受けたものが多いですね。

 当時私は、パリ・オペラ座や世界バレエフェスのチケット欲しさにNBSのバレエの祭典の会員になっており(今思うと豪儀な話だ)、ベジャール・バレエ・ローザンヌや東京バレエ団の演じるベジャール作品は、「せっかくチケットもあることだから、見ておこうかな」程度の考えでおりました。

 そんな中初めて見たのは、神奈川県民ホールでのベジャール・バレエ・ローザンヌ公演「バレエ・フォー・ライフ」。何というか、男女の性を超えた、人間の持つパワーや肉体の美しさといったものに圧倒され、かなりのショックを受けました。
 ラスト、クイーンの"The Show Must Go On"が鳴り響く中、ダンサーたちと共にベジャール氏が舞台に出てきて、ここでまたドドーンと感動が…。この作品が今は亡きフレディ・マーキュリーとジョルジュ・ドンに捧げられたということを考えると、今でも胸にグッと来るものがあります。

 他に観たベジャール作品は何だったかなぁ。
「ザ・カブキ」「ボレロ」「シシィ」「くるみ割り人形」「春の祭典」「第九交響曲」「アダージェット」…こんなところでしょうか。この中では特に「シシィ(シルヴィ・ギエム)」と「春の祭典(東京バレエ団)」が良かったです。「第九」はかなり期待して見に行ったけど、やっぱりオペラ座ダンサーが踊るときれいすぎて感動を味わえるには至りませんでした。

 それにしても、ベジャール・バレエ・ローザンヌはこれからどうなるんでしょうか?
 NYCBがバランシン作品を守りつつ、他の振付家の作品を踊っているように、カンパニー出身者が振り付けた作品をどんどん取り入れるようになるのかな。でも、もうベジャールのような才能を持った人は、滅多に現れないでしょうね…。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ベジャール氏、亡くなられたのですね。(こちらのブログで知り、ニュースサイトを見てきました。。)
「春の祭典」とやっぱり「ボレロ」が好きです。
この両作品は観終わったあとしばしボーッとした記憶があります。
(他にはシシィとラシーヌ・キューピック、第九くらいしか観てないのですが・・・)
氏のご冥福を祈りたいと思います。

追伸:バレエの祭典の会員、夢でしたがついぞ叶わず・・。
そのかわり独身時代に会場優先予約のワナにはまり、数ヶ月の間に何回も公演を見たりして今思うと夢のような時期でした。。
2007/11/24(土) 01:16:03 | URL | sneeuwklokje #t50BOgd.[ 編集]
「春の祭典」も「ボレロ」も名作ですよね。
ビデオなどで他の振付家の作った同作品もいくつか見ましたが、やっぱりベジャールのが"究極の表現"という気がします。
今頃天国で、ドンと思い出話に花を咲かせていることでしょう…。ご冥福をお祈りします。

バレエの祭典の会費って、確か一括前払い(または2回払い)制だったんですよ。
安い給料の中から、そのお金をどうやって捻出していたのか、今思うと不思議で仕方ないのですが…当時はそれだけ熱くなっていたんでしょうね~。

>会場優先予約のワナ
私も度々このワナにかかってました(笑)
この頃が懐かしいなぁ~。
ちなみに私がバレエ三昧の日々を送っていたのは、96~99年頃のことです。もしかしてsneeuwklokjeさんと同時期かも…?
2007/11/25(日) 00:31:42 | URL | あゆみ #SWLx4y6U[ 編集]
こんばんは
はじめまして。

11月28日の日記でシルヴィ・ギエムの公演予定を紹介し、イベント情報を調べていて訪問しました。

本家のイベント検索サイトのアットサインでは、誰でもイベント情報を告知できます。
コンサート・展示会・フェア・ワークショップ・講演会等何でも紹介できますので、ぜひ御活用下さい。

ブログTOPからもリンクしていますが、下記から直接でもどうぞ。

http://atsign.jp/

ブログはこちらです。

http://plaza.rakuten.co.jp/atsignyu/

2007/11/28(水) 23:47:24 | URL | アットサインyu #-[ 編集]
はじめまして。
知りませんでした!ベジャール氏がなくなっただなんて!
映画や、昨年の東京バレエ団のベジャールプロを観て、すっかりベジャール氏と東京バレエのファンになっていた私です。ものすごくファン暦は浅いのですが、まだまだ精力的に活動されているイメージをもっていました。

もう80歳だったんですね、、、
ベジャールさん、天国で安らかに...
いつまでもあなたのバレエが残っていきますように。

あゆみさん、ブログに書いてくださってありがとうございました。
2007/11/30(金) 00:35:14 | URL | enfants #-[ 編集]
enfantsさん、コメントありがとうございます。

つい最近まで公演で来日したりしていたと聞いていたので、「ベジャールもまだまだ若いなぁ!」と思っていたのですが…本当に残念です。

80才と聞くと「おじいさん」をイメージしてしまいますが、ベジャールの場合とてもそうは思えない…
やはり彼の作風がそう思わせるんでしょうか。
2007/12/01(土) 01:13:09 | URL | あゆみ #SWLx4y6U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。