DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
"FRIENDS"のタペストリー完成!
friends09.jpg

"Friends" (C)2000 The Prairie Schooler,Inc.
ようやく終わりました~!
Prairie Schoolerの"FRIENDS"のタペストリーが完成です。
とにかく見本の写真に近いものを作ることを心がけました。
こんな大作を作ったことがないので、よくやった!と自分をほめてあげたい気持ちです。

しかし、「こうすればよかった」という点もありまして、それは焦げ茶色の布の水通しをしなかったせいか、布が波打ってヨレ~としてしまったことです。
friends10.jpg

一番大変だったのは、ステッチではなく、グリーンの布のキルティングですね。
右下の相合い傘の女の子の形を写してキルティングしたんですが、同じことを4回も繰り返すのは正直言って楽じゃなかったです。
しかも1回目は、図案をトレーシングペーパーに写し、それをテープで貼り付けて、その上から直接チクチクやったんですが、紙が破れて欲しくない時に破れ、最後に破れて欲しい時に破れず…しかも紙がパリパリと固いので布を持ちにくく、かなり苦労しました。
あとの3回は、半紙(練習用の安いものですが)を使いました。こっちの方が柔らかいし、最後に取り除く時も楽にできました。

そういえば、2007年ももう残り僅かなんですね~。
今年は、ステッチの方は自作チャートも含め、色々できましたが、素材の方はすっかりお留守になってしまいました(汗)何とか来年はモチベーションを高めて、何点か作りたいです。

それから、今年はたつやに弟or妹を作るべく頑張ってきたのですが、残念ながら大天使ガブリエル様は、私のところに白百合を持ってきてはくれませんでした…
たつやとの年の差を、そして自分の年齢を考えると、来年は自分だけで悶々と考えるのではなく、第三者の協力を仰がねばならないのかな…と思います。

どうか皆さんにとって、2008年が素晴らしい年でありますように!
スポンサーサイト
青い花の一色刺し
ovaal02.jpg

(C)Tantes zolder
やっと刺し終わりました~。年内にできてよかった。
この後、これを利用してのTIN缶作りが控えてます。楽しみ♪

問題は買ってきた布が、ステッチと少々(いや、かなり)合っていないということです。だって…地元じゃなかなかいい布が売っていないんだもの。

買った布というのは、ソレイアードの「ラ・メルヴェイユ」というプリントです。
模様の美しさに惹かれて買っちゃったんだけど、早まったかな…。だいたいオランダと南仏という組み合わせもどうかという感じだし。
他にも、これでもいいかな?と思えるような柄もあったんですが、白っぽい布だと缶の地の色が透けてしまいそうなので、結局濃いめの色を選んだのでした。

それから、長いこと仕立てに時間のかかっていたPrairieの "Friends" も、あとちょっとで完成しそうです。明日にはタペストリーの棒を通す部分を縫いつけて出来上がりかな。
区切りのいいところで新しい年を迎えられそうでよかった…。
いただいたオーナメントです
koukankai.jpg

このほど行われた、サボさん主催のクリスマスオーナメント交換会。
昨日、私のところにも、snowさんから素敵なオーナメントが届きました。

大好きなPrairieのデザインです。何でも私のブログをご覧になり、Prairieが好きだということを知って選んでくださったそうで…本当に大感激です%82k%82n%82u%82d

届いたオーナメントを見てまず驚いたのが、とっても刺し目が細かいのにビシーっと揃ってることでした!
お使いになったのは36ctぐらいのリネンしょうか。私が普段使っているのは28ctか32ctなので、目の細かさは一目瞭然。しかも糸も1本取りなので、すごく繊細で美しい仕上がりなんですよ~。これはぜひ今度真似して挑戦してみたいです。

そして図案もかわいい!Prairieの動物って好きなんですよね~。トナカイと、"Prairie Birds"にも出てきたCardinalの姿も見えます。そういえば"Button Up"にもこの赤いトリさんがいました。何かクリスマスにちなんだ鳥なのかな。

snowさんには、オーナメント以外にも、クリスマス柄のカットクロスと紅茶をいただいてしまいました♪
来年はこの布を使って何か作りたいな。

ところで、私がお相手の方にお送りしたのは、自作の「雪の国」のオーナメントです。
今頃他の郵便物と共に、日本列島を南下していることでしょう!

snowさん、サボさん、本当にありがとうございました!
段染め糸は難しい
ovaal01.jpg

(C)Tantes zolder
再び「Tantes zolder」さんのフリーチャートです。
横長のお菓子の空き缶をTIN缶にリメイクしようと思い立ち、それに合うような図案をひたすら探し続け…結局またTantes zolderさんにお世話になることにしました。こちらにはこんなオーバル型のチャートもたくさんあるので、大変有り難いです。

以前、八角形ピンクッションを作って初めて段染め糸を使った時は、何も考えず普通の糸と同じように刺したんですが、今回は切った糸がどれも同じグラデーションになるように、あらかじめよく考えました。ちなみにDMCの103番です。

まず、色の一番明るい部分と暗い部分の頂点を探し出し、それを元にあーだこーだと考えた結果、8メートルの糸を9等分すれば、だいたいOKでは…という結論に達しました。(他の番号の糸だと、また違うと思いますが)

で、段染め糸を使う場合、///と\\\を往復で刺すのではなく、×を1つずつ刺した方がグラデーションんがはっきりする…と聞いていたので、早速チャレンジ。
しか~し、どうも×の形が揃ってくれません。グラデーションがどうこうという以前に、刺し目が美しくない!
結局、いつも通りの方法で刺すことにしました。

あと難しいのは、ある部分を刺し終えて次の場所に移る場合、糸はどうするか?ということですね。
なるべく濃いところと明るいところが均等に出るように、なおかつグラデーションがきれいに出るようにしたいのですが。これはなかなか厄介な問題です。
段染め糸を使い慣れている皆さんは、どうやっているのでしょうか?
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。