DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ブックカバー完成しますた
bookcover03.jpg

bookcover04.jpg

文庫本用ブックカバーの完成です。やった~。
ミシン掛けは直線だけだったので、けっこう簡単にできました。

このブックカバーの作り方は、小麦さんと仰る方のブログ「kosode草紙」さんを参考にさせていただきました。写真入りで手順を詳しく解説して下さっているので、とても分かりやすかったです。
(ブックカバーの作り方のページはこちら。)

いや~、小物作りって楽しいですね。
新しいオリジナルチャートの方も、糸が届き次第始めることにしてるのですが、これを利用してTin缶制作を目論んでおります。
" Antique Little Girls " (c)Sampler Cove Designs
スポンサーサイト
ブックカバーのステッチ完了
bookcover02.jpg

文庫本用ブックカバー、ようやくステッチが終わりました。
毎度のことですが、写真が暗くてごめんなさい(..;)

前回書き忘れてしまいましたが、このデザインは " Antique Little Girls " というフリーチャートからお借りしています。
推奨されていたのがGlorianna Silk Threadという糸の、Antique Gold、Elizabethan Green、Rosewoodの三色だったのですが、今回は手持ちのDMC糸で賄おうと思い、ゴールド…420、グリーン…3362、ローズ…3857でスタート。

ところがっ、刺し始めてみると3857がどうも足りなくなりそうな予感…。
てなことで、ローズの部分を1つおきに918(あえて言うならレンガ色でしょうか)に変えることにしました。
結果的にはこれがなかなかイイ感じになってくれたようで、ホッと一安心です。

とりあえず今日は刺し終わったところでタイムアップ。
明日軽く洗ってアイロンをかけて、いよいよ仕立て作業に取りかかりたいと思います。
ブックカバーを作ろう
bookcover01.jpg

プレイリーのチャートの方が、とうとう糸が足りなくなってしまい(段取り悪いです…)現在発注中なので、ちょっと脱線して違うものを作ることにしました。
本好きな夫のためのブックカバーです。
最近ステッチそのものに加えて、何かそれを活かした小物を作りたい病にとりつかれている私。
偶然お邪魔したステッチャーさんのブログで、ブックカバーを作っていらっしゃるのを見て「よし、これだ!!」と思ったわけです。

今回は、Sampler Cove Designsというサイトのフリーチャートを利用させていただきました。
http://sampler-cove.com/samplercovedesigns/
3色使いのとても素敵なサンプラーで、いつか刺したいと思っていたのですが、今回は外周のボーダー部分のみをステッチすることにしました。

とりあえず1ブロックと少し刺してみたんだけど、う~ん…けっこう大変かも…。もっと小さいモチーフにするべきだったかな(汗)
というのも、「厚い文庫本にもかけられるカバーがいい!」という夫のリクエストにより、かなり幅を長く取ってあるので、予想以上にモチーフを繰り返し刺さねばならなそうです。
まだまだ先は長い。

ちなみに夫の読む厚い文庫本とは、京極夏彦の「京極堂」シリーズ。
家にある横綱の厚さを測ったら、「絡新婦の理(じょろうぐものことわり)」で約5.4センチありました。どんだけ~
ブックカバーが完成するまでに、夫の京極ブームが去っていないことを祈ります…
(c)Sampler Cove Designs
"Friends" その4・木と家のチャート
friends05.jpg

"Friends"も4つめのチャートに突入です。
この"Friends"という作品、とにかく緑色(DMC3051番)をよく消費します。多分5つ分のデザインを完成させるには、4~5カセは必要になるんじゃないでしょうか。
しかし私はまだまだシロウトなので、最初にチャートと同時に糸も購入するに当たって、とりあえず1カセずつしか買っていませんでした。当然すぐに足りなくなって、実家滞在中に上三川インターパークのジョイフルで買い足し、またもや足りなくなって、現在ネットで注文中であります。
本当はこういう買い方って、色が微妙に違うことがあるからあまり良くないんですけどねぇ。ハハハ。

それにしてもここ最近、毎日寒いです。
梅雨入り前が暑かったので、そのギャップでよけい寒く感じるんでしょうが、昨日はついにストーブまでつけてしまいました。
一体夏はどこに行ったんでしょうか…。八月に入るまでは、こんな感じの天気が続くんだろうなぁ。
"Friends" その3・手のチャート完成!
friends03.jpg

ようやく「手(私は勝手にこう呼んでいる)」が終わりました\(^o^)/
例によって、コレを贈る人と贈られる人のイニシャルは残してありますが。

で、何となく、完成までの写真を4枚並べてみました。
ちょっと不気味だった4本の手が、あれやこれやで美しいデザインに落ち着くあたり、さすがプロのデザイナーさんの仕事は素晴らしい。
残りあと2図案です。頑張るぞ~
friends04.jpg

"Friends" (C)2000 The Prairie Schooler,Inc.
フリーチャートのページ新設。
mirror.jpg

ようやく今日、本体のサイトに、クロスステッチのページをUPすることができました。
http://www5.ocn.ne.jp/~dance/CrossStitch/crossstitch.html
このブログでもご紹介した、自作のフリーチャートを皆さんに使っていただこうというページです。
といっても、まだ3つしか作品がないんですが…(^_^;)

他にも、ページ上のナビゲーションバーが見にくかったので、各カテゴリーのアイコンを作り、フォントも変更してみました。
7年前にひっそりと始めたこのサイトも、今では結構なページ数になっているので、それを1枚1枚変更していくのはなかなか大変でした。全部直して「やれやれ」と思っていたら、リンクを間違えていてまたやり直しになったり…。

ともかく、拙い作品ですが、これからもっとたくさんのチャートをご紹介できればと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

これだけじゃ絵がなくて寂しいので、過去の作品をアップしてみます。
6年ほど前に作ったミラーワーク(ミラー刺繍)のタペストリーです。
中山 富美子さんの「オリエンタルな刺しゅう」という本を図書館で借りてきて、作りました。
ご覧の通り、とてもたくさんの鏡を必要とする作品なんですが、地元の手芸屋さんを何軒探してもこの鏡が見つからなかったのです。あったとしても糸通しのための穴があいていたり、最初から周りがステッチしてあったりして、しかも結構高い!
てことで、ホームセンターで極薄のアルミ板を買い、ハサミで丸くカットして代用してしまいました。
さすがに鏡ほどの輝きはないですが、ステッチ部分の糸が綺麗な色だったので、楽しくできました。
今は義母宅の玄関に飾ってもらっています。
オリエンタルな刺しゅう オリエンタルな刺しゅう
中山 富美子 (1999/08)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る
"Friends" その2
friends02.jpg

この「手」のチャート、かれこれ1ヶ月近くいじくり回しております…(¨;)
いや、特別面倒な図案だというわけではなくて、ただ単に他のことをやってただけなんですが。

前回は手しかできてなくて、何だか不気味な感じでしたが、葉っぱとお花が加わるとぐっと綺麗になってきました。でも、中央からにゅーっと伸びてるのはやっぱり「手」なんですけどね~。

このチャートを刺すに当たって、ちょっと気をつけなければならないことがあります。
同じモチーフを上下左右、4回繰り返しているので、しばしば上下が分からなくなってしまうのです。
しかもよくよく見ると、葉っぱの形がそれぞれ微妙に違うのでタチが悪い!
中央のハートの向きを確認しながら間違えないようにしてはいたのですが、やはり一度ミスしてしまいました。ステッチの上になる糸の向きが、他は全て\なのにそこだけ/になっていて間違いに気付いたのでした。
こういう図案を刺す場合は、もっと分かり易い目印をつけるべきでした。反省。

でも、あとは周囲に文字とラインを刺せば一応できあがり(イニシャル部分は後回しってことで)。
もう上下を間違えなくて済むことでしょう、きっと…??
"Friends" (C)2000 The Prairie Schooler,Inc.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。