DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
一区切りついたところで
free04.jpg

"Le petit train"も、中のモチーフが刺し終わりました。ここでちょうど糸を1かせ使い切りました(びっくりするくらいピッタリだった)。後は周りのモチーフが残っております。

ところでまたまたではありますが、29日からしばらく実家に帰ることになりました。
今年も夫の試験の季節がやってきたのです。一人で集中して勉強したいらしい…
今度こそは無事パスしておくれ~!!

実家にはPCがないので、もっぱらクロスステッチで夜の暇つぶしをする予定です。
すでに新しいチャートと材料を、実家に届くように手配済みです(汗)まだ衣類などの荷造りもできていないというのに…。明日(もう今日だけど)には荷物を送らなきゃ~。こんなことやってる場合じゃないって。

でもって明日は、どうにかしてお花見をしたいという私の意見により、弘前に行ってきます。
だって去年も今年と同じような感じで桜が全く見られなかったんだもん。
弘前城は木の本数も多く、種類も豊富なので、時期的には早めでも開花している木もあるでしょう!確か外堀の桜は、いつも多少早く咲いていたような…

そんなわけで、ブログもしばらくの間お休みさせて頂きます。携帯から投稿するやり方が分かったら、またステッチの進行状況などアップしたいと思います。
"Le petit train" (C) Point de Croix Bourguignon.Decembre 2001
スポンサーサイト
ビーズ刺繍のバッグ
bag.jpg

実は今自宅で、ちょっとしたお仕事をしてまして、クロスステッチの方は小休止です。
代わりといっては何ですが、過去の作品が出てきたのでアップしてみたいと思います。

4年ほど前に作ったビーズ刺繍のバッグです。
下田直子さんの「ハンドメイドバッグ・下田直子のNEEDLEWORK TIME」という本を見て作りました。
友人の披露宴にお呼ばれするために作ったもので、いろんな色・形のビーズが黒のベロア生地に映えたこのバッグはとても気に入っております。

苦労したのは何と言っても材料集めですね~。
まず、内袋のグログランに始まり、ビーズもラインストーンも求めるものは地元の手芸店ではとても揃わない!
結局新宿のオカダヤと仙台の木村屋(だったかな)に行って何とか買い揃えることができました。
それでも直径約1.5センチもあるラインストーンは見つけられず、飾りボタンで代用しております。しかも飾りボタンということは当然「足」があるので、強引に布に穴を開けて縫いつけました。そうでもしないと出っぱってしまうのよ~。

この出来映え(というほどでもないが)に味をしめて、もっとビーズ刺繍の作品を作ってみようかとも思ったのですが、やはり材料集めがネックなんですよねぇ。家の近くにユザワヤでもあればよかったんだけどな~。
ハンドメイドバッグ?下田直子のNEEDLEWORK TIME ハンドメイドバッグ・下田直子のNEEDLEWORK TIME
下田 直子 (1999/08)
文化出版局
この商品の詳細を見る


どういうルートで刺すか?
free03.jpg


15~17日に友人が訪ねてきてくれた間ステッチはお休みしていたので、進み具合はこんな感じです。
それにしてもこの細々した部分を刺し進めるのは結構ムズカシイ。
あらかじめ刺す順路を考えておかないと、糸が穴を塞いでしまったり、刺し忘れができてしまいかねないので気を遣います。
なるべく綺麗に、かつ効率よく進めたらいいのですが。何かコツはあるんでしょうかね~。
"Le petit train" (C) Point de Croix Bourguignon.Decembre 2001
[どういうルートで刺すか?]の続きを読む
アルファベット刺し終わり
free02.jpg

"Le petit train"の文字部分が終わり、花のモチーフの方に進みました。
最初は「飽きちゃうかも?」と心配していた一色刺しですが、結構楽しいものですね。糸がどんどん減っていくのが、何とも言えない爽快感を覚えます。

実は明日(15日)から3日間、高校時代からの友人がはるばる遊びに来てくれることになっていて、彼女にどこを見せようかとあれこれ悩み中です。
とりあえず明日は海方面で八戸市内を観光、明後日は奥入瀬・十和田湖方面に行く予定。
しかし、残念ながら天気が良くないんですよねぇ。今窓の外を見てみたら、な~んか白いものが降ってるし…何で今さら雪なんだよ~。
明日は観光遊覧船に乗って、ウミネコに餌付けをする予定なのです!あまり寒いのは嫌だなぁ。

"Le petit train" (C) Point de Croix Bourguignon.Decembre 2001
サンプラーのフリーチャート
free01.jpg

昨日から、初めてのフリーチャートに取りかかりました。
フランスのPoint de Croix Bourguignonというサイトからお借りしてきた、一色刺しのサンプラーです。"Le petit train"というタイトルが示すとおり、小さな機関車が何とも可愛かったので、これを選びました。

1色刺しは、クロスステッチを始めた時、練習がてら刺した「はじめての刺しゅう クロスステッチ」掲載のサンプラー以来。
フランスのデザインも初体験なので、楽しみです。
"Le petit train" (C) Point de Croix Bourguignon.D?cembre 2001
何とかなった…かな?
kitri03.jpg

一応、「ドン・キホーテ」の完成です。アイロンはまだかけておりません。
空間が寂しいのでバラらしきものを入れてみたんですが、どうもバラに見えない…(汗)
でも、全体としては何となく良い感じの配色になったような気がします。

それにしてもこのポーズは素晴らしい。
第1幕のキトリのヴァリエーションで、飛ぶのと同時に片脚を後ろに上げ、上体を反らした状態がこれなんですが、跳躍力と柔軟性に優れていなければ決してできないポーズです。
参考までに、YouTubeで見つけた、このバリエーション(リハーサル)を踊るギエムの映像がこちら

さーて明日から新しいチャートに取りかかるぞ~。
え、Prairie Birdsの仕立て?
追々気が向いたら始めますよ…ははは…
むむむ…難しい
kitri02.jpg

前回の写真から比べるとすごく進んだように見えますが、実はちっともペースが上がってません。約7cm×10.5cm程度の作品なのに…。もっとステッチに費やせる時間が欲しいよ~。

結局スカートの黒ラインは入れることにしました。赤の色も含めて、やっぱりちょっと重いかなぁ…。
昔、某永野御大がF.S.Sの画集で「このセルイラスト上では、ブラウスは薄いグリーングレーになっているが、実際は白である。みんな計画的に彩度を落としてあるのだ」というようなことを書いてましたが(もっと別の、サイレンかBangDollあたりのMHを例に出してたような気がする)、その言葉の意味が改めて分かりました。

実際にそのように見えたからといって、そっくりそのままの色に表現することが必ずしも良いとは限らない!

それに文字にも不満があります。
nとtが妙にゴッツイ。
何も考えず、一文字の幅を3マスと決めて書いたんだけど、もうちょっと減らすとか足すとかしたほうが良さそうだなぁ…。

角の飾りはまあまあ綺麗にできました。扇(アバニコ)をモチーフにしてます。
自作チャートその3「ドン・キホーテ」
kitri01.jpg

「ドン・キホーテ」を題材にした自作のクロスステッチチャートを刺し始めました。
ステッチカウントは前作の「ラ・シルフィード」と同じなんですが、手持ちの32ctリネンが半端に余っていたので今回はそれを使うことにしました(ちなみに色は「ラ・シルフィード」のがFlax、これはNaturalです)。なので、仕上がりは少し小さくなるかな。

今日刺し上がったのはキトリのスカートの表部分。
ここだけ見るとクラシック・チュチュのようですが、第1幕のヴァリエーションがモチーフになっているので、ロングスカートの方になります。色はDMC3777番です。
この後、白抜きの部分に黒でラインを入れる予定なんですけど、このままの方が綺麗かなぁ…。でも胴の方は黒だし…。
う~ん。ラインは後回しにするかぁ。
Prairie Birds その7・ステッチ終了!
prairiebird07.jpg

ようやくPrairie Birdsの10の図案を刺し終わりました~!
確か1月中旬あたりから刺し始めたので、だいたい2ヶ月半かかったことになります。途中他のも少しやったので、実際は2ヶ月程度というところでしょうか。

これが終わってあとやるべきことは、オーナメントに仕立てることと、それを飾る箱を作ることですね。一体いつ完成するんだろう…(..;)
Prairie Birds (C) 1989 The Prairie Schooler,Inc.
Designed by aykm.