DANCE FACTORY ひとりごと日記

バレエ・子育て・刺繍・毎日の生活のことなどを、思いつくままに書いています。
しばらく留守にします
 DANCE FACTORYのトップページにも書きましたとおり、5月いっぱい留守に致します。
 夫の仕事の都合上、ちょっと実家に帰っていようかということになりまして…。2月にも帰ったばかりなのに、しかも結構遠いのに、帰り過ぎだよね私(¨;)
 まぁ、いずれ子供が大きくなったら、じいちゃん・ばあちゃんが孫の顔が見たいと思っても、学校が忙しかったり、「行くの面倒くさい」とか言ったりしそうだもんね。連れて行けるのは今のうちだけかもしれない。

 そういえば今東京では、パリ・オペラ座の公演中なんですよね。その次はボリショイが控えているし…。
 この両公演があることを知った時は、「たつやも2才過ぎてる頃だし、何とか両親に預けて見に行けるかな?」などと甘い期待をしていたのですが、いざその時期が来てみると…絶対無理!!だって私がいないと…というかチチがないと寝られない子なんですもの。
 それにチケットも凄く高い!数年前までは海外のバレエ団の来日公演、S席が18,000円くらいのものだったのになぁ。2万オーバーというのはあまりに高すぎる。
スポンサーサイト
タイヤを取るな!!
 相変わらず車に夢中なたつやですが、最近ちょっと困ったことがあります。
P1000075.jpg

 
 それは、ミニカーのゴムタイヤをはずしてしまうこと!
[タイヤを取るな!!]の続きを読む
完成しました
 例のミモザのバッグが完成しました。
P1000073.jpg
[完成しました]の続きを読む
バッグ制作中
 このひと月ほど、のんびりとバッグを作っています。

 「家庭画報」という婦人向けグラビア誌の通販ページに載っていたバッグの、いわばレプリカなんですが(森れいこさんという方のデザインです)、写真を元に刺繍部分の図案を書き起こし、あとは適当に刺繍して、ビーズを縫いつけてみました。「素敵なバッグだけど、24,150円かぁ。しかも通販に慣れてないから買うの面倒だわ」と母が申すので、よっしゃ、いっちょ私が作ってみるか!と挑戦した次第です。

 まだバッグの形に仕立てるところまでやっていないんですが、とにかく刺繍(特に葉っぱの部分)が細かくて大変でした。
 手先の器用さにはそこそこ自信のある私ですが、どんなに頑張って細かく縫っても、写真のように繊細な感じにならない…と思ってよく見たら、オリジナルの方はどうも機械の刺繍のようで…。それじゃ仕方ないか。

 オリジナルの完成度には及ばないけど…特にミモザの花の色が本当はもっと山吹色っぽい感じで、市販のビーズでは落ち着きのない黄色しかなかったのが残念ですが、でもそこそこ満足のいく刺繍が出来ました。
 また、バッグが完成したら写真アップします。

P1000072.jpg
イラストを載せていただきました
 宝島社発行の「CUTiE」という若い女の子向けファッション誌の5月号に、DANCE FACTORYのイラストを使っていただきました。
「街のおしゃれ民族大調査!!」という企画の中で、スウィートモード族というカテゴリーのイメージイラストとして、黒鳥オディールのイラストが掲載されています。ぜひ、チェックしてみて下さい…。
[イラストを載せていただきました]の続きを読む
帽子がなくなった
 先日、三沢市の航空科学館というところに行った折、たつやの帽子をなくしてしまいました。

 だいぶ前にネットオークションで購入した手作りの品だったんですが、ちょっとフワッとしたフリース素材で、耳もちゃんと隠れるし、あごひもも付いているし、たつや自身も外出の時には、自分からこの帽子を用意するくらい気に入っていました。

 平日のことだったので科学館はとても空いており、なおかつ施設の管理や掃除がきちんと行き渡っている様子なので、数日経っても連絡が来ないということは、もう見つかることはないだろうなぁ…。
 もしかしたら、とても風の強い日だったので、駐車場から建物に入るまでの間に落としてしまって、どこか遠くに飛ばされてしまったのかもしれません。

 今となってはこの帽子を出品なさった方もわからず…まぁ自分で同じようなものを作ろうと思えば作れなくはなさそうだけど、それより何より我が子と成長を共にしてきたものがなくなってしまったということが、今は悲しいです…。これから荷物を持つ時は、極力1つにまとめるようにしなくては。
にほんごであそぼ
 番組改編の4月です。
 教育テレビの「にほんごであそぼ」に出演していた4人の子供達(ゆいちゃん、りかちゃん、つばさくん、りょうたろうくん)が、総入れ替えになってしまって驚きました。
 新メンバーはみんな4才とのことです。突然のことでちょっと戸惑ってしまったけど、たどたどしいセリフや幼い動きが何とも可愛いです。前の4人ももちろん子供だったんだけど(多分6才)、もうすっかりベテランの雰囲気を醸し出していたので、もしかしたらそろそろ交代かな~とは思っていたんですが。
 交代とは言え、エンディングの「南無釈迦じゃ…」とかいう曲は、旧メンバーが出演しておりました。これだけの歌と踊りをこなすのは、やっぱり4才ではまだ難しいのかも。

 KONISHIKI、野村萬斎、柳家花緑、神田山陽の各氏は変わりなしでした。(山陽さんは文化庁の在外研修中とかで、イタリアロケになってました)
Designed by aykm.